MENU

活動履歴

第94回ゴミ拾い 2020年2月21日(金)

参加人数
122名
一般
28袋
ペットボトル
8袋
5袋
ビン
1袋
※1袋=25L袋

2019-2020シーズン 第9回 LEADS TO THE OCEAN 湘南ベルマーレ vs 浦和レッズ戦にて実施いたしました。

「 LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」(通称:LTO)は、
2015年夏より、湘南ベルマーレの本拠地「Shonan BMWスタジアム平塚」の大型掲示板にて、
湘南の海のゴミの様子を伝え、試合終了後にゴミ拾いをするプロジェクトです。

湘南の海のゴミの7割が川・街からきているという事実があり、
街の一部であるスタジアム回りのゴミをキレイにすることで、
海がキレイになっていく。スポーツを通じて皆様に伝えていく活動です。
現在は、Jリーグ10クラブ+Bリーグ1クラブ+プロ野球1球団で日本の海をキレイにしていくため活動しています。

2020シーズンのJ1リーグが開幕しました。今節唯一の金曜日開催で他チームよりも一足早く開催された本試合はチケットも全席種完売し、相手に浦和レッズを迎えた注目の一戦となりました。
湘南は前半早々から完全に相手を押し込む展開を見せます。相手陣内で正確なパスが繋がり、左サイドの鈴木選手へ。鈴木選手が供給する正確なクロスに石原(直)選手が中央に走り込み豪快なヘディングを決め、最高の形で1点リードします。しかし浦和はここから徐々に攻撃の糸口を見つけ出し、攻撃の圧力を強めていきます。興梠選手、レオナルド選手のゴールで一気に逆転。湘南はリードを許し前半を折り返します。
後半は開始早々からまた湘南がペースを握りますが、なかなか得点が奪えない展開で迎えた65分、浦和から完全移籍加入をした山田選手のヘディングシュートがポストにあたりゴールの中へ吸い込まれ2-2の同点に追いつきます。更に攻撃の意識を高めた湘南は70分にこの試合の分岐点を迎えます。浦和ペナルティエリア内で浦和DFの手がボールに触れたかどうか微妙な状況に今シーズンから取り入れられたVARが発動。映像チェックの結果ハンドと判定され湘南はPKを獲得します。キッカーは新加入のタリク選手。放たれたシュートはクロスバーに当り惜しくもゴール左上に外れてしまいます。
その後、湘南は追加点を狙い攻め続けますがチャンスを決めきれず、逆に試合終了間際の85分に浦和の関根選手にシュートを決められ2-3。そのまま試合終了のホイッスルが鳴り試合終了。悔しい敗戦となりました。

試合後は、2019-2020シーズン第9回LEADS TO THE OCEANを実施! 2020シーズンの初めての開催ということもあり、敗戦後にも関わらずたくさんの方に参加いただき、笑顔あふれるゴミ拾いとなりました! LTO終了後に参加者の皆さんに配布している選手カードは、2020シーズン新デザインに変わり、今回は石原広教選手のカードを配布! また、LTOスタンプを12個以上貯めると「ゴミ拾いマスター」に認定され、限定カードや、記念品がもらえます!

海のごみの7〜8割は川からやってきて、その殆どが街からやってきます。 街にゴミを落とすのは人間です。
「海にゴミはいかせない!」 30分フルでなくても、15分でも、10分でも、5分でも! 一緒に活動していき、湘南の海を綺麗にしてきましょう! 次回湘南ベルマーレLTO活動もよろしくお願いいたします! 引き続き、湘南の海をキレイにするために、お誘い合わせの上、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
現在は、Jリーグ10クラブ+バスケットBリーグ1チーム+プロ野球1球団で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • 湘南ベルマーレ
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る