MENU

活動履歴

第36回ゴミ拾い 2018年7月22日(日)

参加人数
87名
可燃ゴミ
30袋
不燃ゴミ
13袋

7月22日(日)浦和レッズ戦において、「ゴミ拾いマスター表彰式」と「第36回LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」ゴミ拾いを実施いたしました!

セレッソ大阪としては、2回目のLTOゴミ拾いマスター表彰式!
試合前のピッチでゴミ拾いマスターを証明する「ゴミ拾いマスターカード」と「スペシャルトング」の贈呈式が行われ、最終的には約40名の方が「2017-2018シーズンのゴミ拾いマスター」になられました!
ゴミ拾いマスターの皆さん1年間本当にお疲れ様でした!
そしてこれからもよろしくお願いいたします!!

そして今回のLTOからスタンプカードが新しくなり、2018-2019シーズンとしてスタートしました!
また、今回は嬉しいことにセレッソサポーターだけでなく、レッズサポーターの方も参加いただき、良いスタートを切れました!

次回は7月25日(水)鹿島アントラーズ戦終了後に2018-2019シーズンLTOとしてスタートします!
ゴミ拾いマスター目指して一緒に頑張りましょう!



ここから1年間ゴミ拾いマスター目指して一緒に頑張りましょう!
2018-2019シーズンLTOも皆さんの参加をお待ちしております!
海にゴミはいかせない!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • セレッソ大阪
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る