MENU

活動履歴

第84回ゴミ拾い 2021年9月11日(土)

参加人数
70名
可燃ゴミ
10袋
不燃ゴミ
3袋

3日前の相手との再戦となった今節。立ち上がりから守勢に回るセレッソでしたが守備陣が得点を許しません。後半は乾選手がボールを受けて攻撃にリズムが生まれると、丸橋選手の際どいFKなどで札幌ゴールに突き進むセレッソでしたが、逆に札幌にFKからの失点を与えると、追加点も許し0-2の敗戦。リーグ戦の連勝は2で止まり、小菊監督体制でのホーム初勝利もお預けとなりました。
次回は試合後の開催となり、秋のごみゼロウィーク2021期間中の活動となります。引き続きのご参加心よりお待ち申し上げております。

3日前にアウェイで対戦し完勝を収めた、北海道コンサドーレ札幌との再戦となった今節。乾選手が加入後初先発を果たし、キャプテンマークを巻きました。試合の立ち上がりから守備の時間が続くセレッソは、開始2分で迎えたピンチを皮切りに再三ゴールに迫られましたが、前節同様ジンヒョン選手を中心とする守備陣が得点を許しません。守勢に回った前半から一転、後半は乾選手が相手の間でボールを受ける回数が増え攻撃にリズムが生まれ出します。51分には松田力選手のパスから加藤選手が持ち込み惜しいシュート。56分には絶好の位置で得たFKを、丸橋選手が鋭いキック!クロスバーを叩いてゴール真下へ落ちたボールは絶妙な位置では弾んだが、判定はノーゴール。この勢いのまま突き進みたいセレッソでしたが、逆に札幌にFKを与えるとこぼれ球を詰められ失点。さらに立て続けに左サイドを破られて追加点を許し一気に苦しい状況に。山田選手など交代選手が立て続けに攻め立てたセレッソでしたが、試合はこのまま0-2で終了。リーグ戦の連勝は2で止まり、小菊監督体制でのホーム初勝利はお預けとなりました。それでも、チームの視線はすぐ先のACLへと向けられました。

少しだけ暑さも和らいだこの季節、皆様に気持ちよくごみを拾っていただけ、最後の写真撮影まで多くの方に残って頂きありがとうございました!次回はデーゲームですので試合後に開催予定となり、秋のごみゼロウィーク2021期間中の活動となります。引き続きのご参加心よりお待ち申し上げております。

スタンプを集めてプレゼントをゲット!
https://www.uminitsuzuku.com/cerezo/present/
海にゴミはいかせない!
皆様の参加をお待ちしております!

次回の活動はスケジュールページよりご確認ください

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • セレッソ大阪
  • 日本財団
  • UMISAKURA

LTO WINTER EVENT 2021のご案内

総合トップに戻る