MENU

活動履歴

第89回ゴミ拾い 2022年2月26日(土)

参加人数
74名
可燃ゴミ
10袋
不燃ゴミ
5袋

ホーム開幕試合の京都サンガF.C.戦。立ち上がりからボールを握って敵陣に攻め込み、主導権を握って試合を進めましたが、34分に京都にワンチャンスを生かされ先制を許しました。それでも後半すぐの48分に清武選手の絶妙なパスで乾選手が決め同点に追いつき、さらに逆転のチャンスも相手GKの好守に遭いゴールとはならず。「関西ダービー」は勝点1を分け合う結果に終わりました。今シーズン初となる試合後のLTO活動では、冷え込みが残る中、開幕を待ち望んでいたお客様に多くご参加頂きました。

海にゴミは行かせない

今季のホーム開幕試合となった第2節の京都サンガF.C.戦。立ち上がりからボールを握って敵陣に攻め込み、リーグ戦初先発の中原選手がシュートを放つも相手GKに阻まれます。攻守の切り替えも早いセレッソが主導権を握って試合を進めましたが、34分に一瞬の落とし穴。CKから京都にワンチャンスを生かされ先制を許しました。それでも後半すぐの48分、相手のパスミスを拾った加藤選手が清武選手にパスを付け、左サイドから斜めに走り込んだ乾選手へ絶妙なパス。右足を伸ばしてシュートを放ちゴール右隅にねじ込み同点に追い付きました。ここから試合はオープンな展開となり、互いに流れの中からゴールへ向かうシーンが増え始めます。83分には清武選手が右サイドから中央へカットインしコースを狙ったシュートを放ち、試合終了間際には相手のFKをカットした北野選手がそのままドリブルで持ち運びGKとの1対1に持ち込みましたが、どちらも相手GKの好守に遭いゴールとはならず。シュート数、決定機の数では大きく上回ったセレッソでしたが、京都との“関西ダービー”は勝点1を分け合う結果に終わりました。

こちらも今シーズン初となる試合後のLTO活動では、まだまだ冷え込みが残る寒い中、開幕を待ち望んでいたお客様にも多くご参加頂きました。今シーズンも多くのご参加心よりお待ち申し上げております。

スタンプを集めてプレゼントをゲット!
https://www.uminitsuzuku.com/cerezo/present/
海にゴミは行かせない!
皆様の参加をお待ちしております!

次回の活動はスケジュールページよりご確認ください

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計20チーム(LTO 2021-22 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • セレッソ大阪
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る