MENU

活動履歴

第92回ゴミ拾い 2022年4月5日(火)

参加人数
46名

川崎を鮮やかに撃破した前節から中2日、勢いそのままに試合の主導権を握りましたが、25分にまさかの落とし穴。最も警戒していた相手のカウンター攻撃で悔やまれる失点を喫しました。その後も慌てることなく攻め続け、後半、交代出場の北野選手やジェアンパトリッキ選手が決定的な形を作るも惜しくも同点とはならず。連戦の影響もあり最後までゴールをこじ開けることができず無念のタイムアップ。今季初の連勝とホーム初勝利も、またしても次回以降に持ち越しとなりました。
試合後のLTOは今季初のナイターゲーム後の活動となりましたが、前節と変わらず多くの皆様にご参加頂きました。

海にゴミは行かせない

アウェイでリーグ王者の川崎フロンターレを鮮やかに撃破した前節から中2日、ホームのヨドコウ桜スタジアムに柏レイソルを迎え、明治安田生命J1リーグ第7節に臨みました。
前節と同じ11人が先発し、勢いそのままに前線からのプレスも効いて試合の主導権を握りましたが、25分にまさかの落とし穴。左サイドでチャンスの形を作り出しましたが、シュートを打ち切れずにいた所でボールを奪われ相手のロングカウンターを受ける形に。右サイドを駆け上がった相手選手に独走を許すと、最後は逆サイドから走り込んできた選手にパスを通されシュートはセレッソゴールに。最も警戒していた相手のカウンター攻撃であり、対応する人数も揃っていただけに悔やまれる失点となりました。追いかける展開となったセレッソですが、慌てることなく攻め続け、34分の乾選手のシュートや42分の奥埜選手のシュートで際どいシーンを作り出すも、惜しくも得点を奪えません。前半アディショナルタイムには逆に相手の決定機を迎えるも、キムジンヒョン選手のビッグセーブでしのぎます。
後半、代わって入った北野選手や山田選手のシュートで相手ゴールを脅かし、64分にはこちらも交代出場のジェアンパトリッキ選手がサイド突破しクロス。中では北野選手が待ち構え決定的な形でしたが、懸命に戻った相手DFに間一髪でクリアされ、惜しくも同点とはならず。試合終盤は連戦の影響で少しずつ足も止まり始めたセレッソは、レイソルゴールを最後までこじ開けることができず、無念のタイムアップ。今季初の連勝とリーグ戦でのホーム初勝利も、またしても次回以降に持ち越しとなりました。

試合後のLTOは今季初のナイターゲーム後の活動となりましたが、前節と変わらず多くの皆様にご参加頂きました。誠に有り難うございました。

スタンプを集めてプレゼントをゲット!
https://www.uminitsuzuku.com/cerezo/present/
海にゴミは行かせない!
皆様の参加をお待ちしております!

次回の活動はスケジュールページよりご確認ください

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計20チーム(LTO 2021-22 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • セレッソ大阪
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る