MENU

活動概要・ご挨拶

LEADS TO THE OCEANとは

スポーツと清掃活動を軸に、海・自然環境への意識を高め、
次世代に美しい自然を残すためのプロジェクト

海ゴミは、街からもやってきます。
つまりスタジアム周りがキレイになれば、
海のゴミを減らすことができます。
その活動の中で、海へ関心が高まり、
同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が
広がることを願います。

LEADS TO THE OCEAN プロジェクトとは、日本語で「海につづく」という意味です。
海の状況は、ここ数年のエコブームなどがありながらも、海岸に流れ着くゴミの量は減少しておらず、継続して環境が悪化しており、太平洋ベルトと呼ばれるエリアでは、浮遊したプラスチックなどの破片が大量に漂っています。海ゴミは、人間の生活から出たゴミでいっぱいで増え続けています。「人間の生活」と「自然」の繋がりは、どんどん離れていく現代で、どのように「海に流れるゴミを減らし」「生活と海、自然との距離を縮められるか!?」を考えていました。

そこで、本来の美しい海・環境を次世代に、より良い形で引き継いでいけるよう、日本最大の民間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる『日本財団』と、湘南・江の島にて年間ビーチクリーンを行い清掃活動へのイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『NPO法人 海さくら』がタッグを組み、「海と日本プロジェクト」の一環として、LEADS TO THE OCEANプロジェクト(通称LTO)を実施することになりました。

2015年7月から、Jリーグプロサッカークラブの「湘南ベルマーレ」と共に始まった活動は、その後、サッカーチームだけでなく、プロバスケットボール、プロ野球のチームが加入。2020年には、ラグビー、アイスホッケー、からの加入があり、競技・チームの垣根を越えて、全17チームでこのプロジェクトを実施しています。

各スタジアム・アリーナの外で実施しておりますので、サポーター・ファンの方達だけではなく、近隣の方でも参加いただける清掃活動です。 海の素晴らしさ、人間の生活と海が つながっていること、海の汚染状況など、おしつけがましくない形で、多くの方の心にそっと寄り添っていけれる活動を目指しております。

ご挨拶

福島ユナイテッドFC

株式会社 AC福島ユナイテッドFC 代表取締役社長 鈴木勇人

株式会社 AC福島ユナイテッドFC
代表取締役社長 鈴木勇人

提携している湘南ベルマーレ様とのご縁により、スポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組む“LEADS TO THE OCEAN 海につづくプロジェクト”に2016年より参加し6年になりました。この6年でクラブ、そして多くのファン・サポーターが「山・川・街・海」との繋がりを意識するようになりました。
2021年は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から10年目となり、福島ユナイテッドFCは皆様に支えられ、運営会社設立10周年となりました。
大事な一年となる今シーズンのチームスローガンを「ONE UNITED ーto the next stageー」としました。これは、今こそ”ひとつ”になって福島を元気にという意志を「ONE UNITED」に込め、「ーto the next stageー」には「J2昇格に向けた変革の年」にするための新たな挑戦を始める意思表示が込められております。
LTOを通じて、「山・川・街・海」への意識が高まってきたクラブ、ファン・サポーターが“ひとつ”になって「山・川・街・海」への関心を今まで以上に持つことが大切です。意識を実行に移すために一人でも多くの方に、「海にゴミは行かせない!」を合言葉に、試合終了後のLTO参加をお待ちしております。そして、美しい海、豊かな自然を取り戻し、この街をたくさんの笑顔あふれる街にしていきたいと存じます。

UMISAKURA

NPO法人 海さくら代表 古澤純一郎

NPO法人 海さくら
代表 古澤純一郎

2015年7月よりLTOは、我々の本拠地からすぐ近くの、湘南平塚の湘南ベルマーレと一緒にスタートをきりました。
実は、湘南ベルマーレと出会う前に復興支援で宮城県石巻市湊町一丁目の応援のあと、福島県に入ることが多く、そこで子供たちに何かできないかと、飛び込みで福島ユナイテッドFCに連絡をして、会っていただいていたのです。そこから、湘南ベルマーレと福島ユナイテッドFCが兄弟関係にあることを知ったのです。
先に湘南ベルマーレと色々な取り組みをすることになりましたが、私にとって、福島ユナイテッドFCは、突然の電話でも丁寧にご対応いただいたり、熱い魂を勝手に共有させていただいた尊敬するチームです。
そんな素敵なチームの方達と、サポーターの皆様と共に、福島の海・自然に対して一緒に考え、行動できることを心より感謝申し上げます。赤い情熱を燃やしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日本財団 常務理事 海野光行

日本財団
常務理事 海野光行

私たちが住む街は、川を通じて森や里、そして海へとつながっています。しかしながらその周辺環境は今、人間活動による課題が山積しています。これまで世代から世代へと受け継がれてきた海や森といった自然、それをとりまく文化が壊されつつあります。
私たちの日常が生み出している「海ゴミ」の問題もそのひとつです。豊かな海を次世代に引き継ぐために、半世紀にわたり海の問題解決に取り組んできた日本財団は、子ども達に様々な形で海に接する機会とすることで海への興味を喚起し、行動を起こすためのオールジャパンで推進するプロジェクト「海と日本PROJECT」を行なっています。
この「LEADS TO THE OCEANも、「海と日本PROJECT」の一環として、それぞれ特徴を持つ仲間達と共に、身近な「ゴミ拾い」をとおして、海の国である日本において、そのつながりの大切さを認識してもらいながら、海の環境問題に取り組む一歩を踏み出してもらおうとするものです。
この活動が、受け継がれてきた環境を再生する一助となり、次世代へ引き継ぐ、その実践のための一歩になればと思っております。先のワールドカップで賞賛されたサポーターの皆さんの清々しいマインドを是非このプロジェクトでも活かしていただき、大きなムーブメントになることを期待しています。

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • 福島ユナイテッド
  • 日本財団
  • UMISAKURA

LTO WINTER EVENT 2021のご案内

総合トップに戻る