MENU

活動履歴

第52回ゴミ拾い 2020年9月26日(土)

参加人数
45名
可燃ゴミ
7袋
不燃ゴミ
1袋

9月26日は特別な日になりました。

今日は首位を走るブラウブリッツ秋田を迎えてのホームゲーム。福島は自分たちのサッカーができていましたが、最後のところで決めきれず、首位を走る秋田はさすが、少ないチャンスをしっかり決めて、終わってみれば0−2で敗戦。悔しいです。

しかし、今日は今シーズンのいつもの試合終了後とは違います。なんとLTOが復活なんです!選手カードもシーズン前から準備していましたし、スタンプカードだってありました。何より、楽しみにしてくれるサポーターさんたちに開幕から半年以上も会えないのが寂しかったです。もちろんこんなに時間が空いたのは初めてだったので、どれくらいのサポーターさんたちが参加してくれるか不安があったのは正直なところです、が、そんな心配はすぐに吹き飛びました。

試合終了直後からたくさんの方に参加していただき、途中小雨も降ったんですが、時間いっぱい最後まで楽しんでゴミ拾いをしてくれました。いつも以上に親子連れでの参加者が多くてとても嬉しかったです。記念撮影前に何故このゴミ拾いのしているのか、海をなんで綺麗にしたいのかなどの話もみんな真剣に聞いてくれました。参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

福島からJリーグのLTOが復活です。遅くなりましたが、今シーズンも「海にゴミは行かせない」ために楽しくゴミ拾いをしていきましょう!

スタジアムDJ 藤原カズヒロ

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • 福島ユナイテッド
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る