MENU

活動履歴

プレ開催 ゴミ拾い2019年6月29日

参加人数
41名
可燃ゴミ
2袋
不燃ゴミ
5袋

6月29日 カマタマーレ讃岐戦終了後に、カターレ富山「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」 (LTOゴミ拾い)を実施いたしました。 試合終了後の20時15分開始と夜遅い時刻にも関わらず、41名の方に参加していただきました。

本当にありがとうございました。

カターレ富山の大谷駿斗選手、齋藤和希選手も参加し、スポーツと清掃活動を結びつけるいい機会となったのではないかと思います。

この日はプレ開催でしたが、予想よりも多くの方にご参加いただきました。 思った以上にゴミがなく、富山県総合運動公園を管理されている方々の手によって、常日頃からキレイに保たれているんだと実感しました。

次回の第1回からは参加された方にスタンプカードを配布致します! スタンプを12個以上集めると「ゴミ拾いマスター」として認定され、ピッチで行われる表彰式に参加できます!

最後に、試合後で小雨が降る中、参加していただいた皆様ありがとうございました!
また、今回ご参加いただけなかった皆様も、第2回・第3回と続いていきますので、皆様のご参加お待ちしています!


次回、第1回「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」 (LTOゴミ拾い)は、 7月19日(金)Y.S.C.C.横浜戦終了後に実施致します。 是非一緒にごみ拾いをやりましょう!海にごみは行かせない!!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本 PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • カターレ富山
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る