MENU

活動概要・ご挨拶

LEADS TO THE OCEANとは

スポーツと清掃活動を軸に、海・自然環境への意識を高め、
次世代に美しい自然を残すためのプロジェクト

海ゴミは、街からもやってきます。
つまりスタジアム周りがキレイになれば、
海のゴミを減らすことができます。
その活動の中で、海へ関心が高まり、
同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が
広がることを願います。

LEADS TO THE OCEAN プロジェクトとは、日本語で「海につづく」という意味です。
海の状況は、ここ数年のエコブームなどがありながらも、海岸に流れ着くゴミの量は減少しておらず、継続して環境が悪化しており、太平洋ベルトと呼ばれるエリアでは、浮遊したプラスチックなどの破片が大量に漂っています。海ゴミは、人間の生活から出たゴミでいっぱいで増え続けています。「人間の生活」と「自然」の繋がりは、どんどん離れていく現代で、どのように「海に流れるゴミを減らし」「生活と海、自然との距離を縮められるか!?」を考えていました。
そこで、本来の美しい海・環境を次世代に、より良い形で引き継いでいけるよう、日本最大の民間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる『日本財団』と、湘南・江の島にて13年間ビーチクリーンを行い清掃活動へのイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『NPO法人 海さくら』がタッグを組み、「海と日本プロジェクト」の一環として、LEADS TO THE OCEANプロジェクト(通称LTO)を実施することになりました。

2015年7月、Jリーグプロサッカークラブの「湘南ベルマーレ」から始まり、 2016年7月から「セレッソ大阪」「V・ファーレン長崎」「福島ユナイテッドFC」が加わり、 2017年7月から「川崎フロンターレ」「横浜F・マリノス」「横浜FC」も加わりました。 2017年9月からバスケットボールチーム「東京エクセレンス」が、 2018年5月から日本プロ野球球団「千葉ロッテマリーンズ」が加わりました。 そして、2018年7月から「ヴァンフォーレ甲府」「ジェフユナイテッド市原・千葉」が加わり、 競技・チームの垣根を越えて、全11チームでこのプロジェクトを実施することになりました。
皆様がこのプロジェクトを通じて、海・自然について何か考えるキッカケとなり、より良い形で海を引き継いでいければと願います。どうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶

千葉ロッテマリーンズ

株式会社千葉ロッテマリーンズ 取締役社長 山室晋也

株式会社千葉ロッテマリーンズ
取締役社長 山室晋也

私たち千葉ロッテマリーンズは、1992年より千葉県千葉市の幕張新都心地区に本拠地を構え、野球を通じて夢や希望、感動を発信しています。
本拠地ZOZOマリンスタジアムは「幕張の浜」に面し、チーム名の「マリーンズ」は海をイメージし、力強く感じることから由来し、海とは非常に縁の深い関係にあります。
この度、2018年度より、地域振興ならびに社会貢献の一環として、LEADS TO THE OCEANにプロ野球球団では初めて参加させていただくことになりました。
海もスタジアムもたくさんの人が集い、笑顔が生れる場所です。私たちが誇りとしているマリーンズファンは、応援だけでなく、試合後にゴミ拾いを行うマナーもNo1です。その意識をさらに拡大し、「スタジアム周辺のゴミをなくすことで、海のゴミを減らすことができる」、そして「ごみをなくすことで、さらに多くの人が集い笑顔が溢れる」ということを当活動を通じて、多くの方に理解頂けたらと思っております。
野球界でこのような活動が定着するようマリーンズ一丸となって取り組んで参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

海さくら

NPO法人 海さくら代表 古澤純一郎

NPO法人 海さくら
代表 古澤純一郎

LEADS TO THE OCEAN(通称:LTO)の活動も今年で4年目となります。 Jリーグの多くのサッカーチーム・プロバスケットチームの参加とともに、 プロ野球チームとして初めての「LTO」への参加、心より歓迎と感謝をいたします。
千葉ロッテマリーンズ様のホームスタジアムであるZOZOマリーンスタジアムは東京湾に面しており、名前の由来も海をイメージし、力強く感じることから「マリーンズ」と公募から球団名が決まったと聞きました。まさに海のチーム「千葉ロッテマリーンズ」ですね。
東京湾の湾岸はほとんどが埋め立てられ、海水浴場や海で遊べる場所が数少ない状況であり、海への関心も遠のいてしまう環境にあるかと思います。東京湾の海のなかも貧酸素水塊といい酸素が海底になくなりカレイやシャコなどが全滅の危機にあり、江戸前寿司といったかつて豊富な魚介類達は姿を消しつつあります。外洋においても継続的に人間の生活から出たゴミが流れ続け、魚の数よりもゴミが多くなるとまで言われています。
そんななかで、まさに海のチーム「千葉ロッテマリーンズ」さんと共に、海を守る活動ができること、心より感謝申し上げます。「海にゴミは行かせない!!」

日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日本財団 常務理事 海野光行

日本財団
常務理事 海野光行

プロスポーツ選手が、選手生活を終える際のメッセージで「自分を育ててくれたスポーツに恩返しがしたい」とよく聞きます。
自然と溢れてくる自分が愛した競技の発展のために尽くしたい、後人を育てたいという気持ちは、LEADS TO THE OCEANの理念「キレイな海を次世代に引き継ぐ」と同じです。
古来より受け継がれてきた人類の宝である海を、より良い状態で次世代に引き継ぐことは、現代を生きる私たちの責任です。
しかしこの壮大なテーマを前に自分に何が出来るのか?と尻込みしてしまうでしょう。
実は、海のごみの8割は陸上のゴミが流れついたものです。
千葉ロッテマリーンズの皆様、応援する方々数千人が、目の前のごみを2つ、3つ拾うことこそが大きなパワーとなります。
いま、海に流れ着いている8割の陸ゴミを6割、5割にして次世代に引き継いだという実績をのこすことを共に目指していきましょう。

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECT

〈共催〉

  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 日本財団
  • UMISAKURA

LTO WINTER EVENT 2018

総合トップに戻る