MENU

活動履歴

第66回ゴミ拾い 2019年9月7日(土)

参加人数
57名
可燃ゴミ
24袋
不燃ゴミ
8袋

9月7日(土)、アビスパ福岡戦で、第66回V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」(LTOゴミ拾い)を開催いたしました。

今回、試合終了後活動に協力いただいている方の姿を見て、 ご家族で初めて参加されると言われる方が非常に多かったです。

ユニフォームを着たお子様が、一生懸命ゴミを拾っている姿を見て 周りの大人・スタッフ全員も笑顔になる時間になりました。

また、今回はアビスパ福岡との「九州ダービー」でした。 試合終了後、アビスパサポーターの方にも参加頂き、 クラブの垣根を越えて活動することが出来ました。

今後も引き続き、 スタジアム周辺のゴミがゼロになるように活動を続けていきます!

海に囲まれ、海の恩恵を受ける長崎から環境について発信しましょう!!!
LTO活動へのご参加、どうぞよろしくお願いいたします。

次回、 第67回 V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」ゴミ拾いは、
9月21日(土) 京都サンガF.C.戦 試合終了後に実施します!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまり周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
現在は、Jリーグ10クラブ+バスケットBリーグ1チーム+プロ野球1球団で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • V・ファーレン長崎
  • 日本財団
  • UMISAKURA

WINTER EVENT 2019のご案内

総合トップに戻る