MENU

活動履歴

第67回ゴミ拾い 2019年9月21日(土)

参加人数
63名
可燃ゴミ
42袋
不燃ゴミ
29袋

9月21日(土)、京都サンガF.C.戦で、第67回V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」(LTOゴミ拾い)を開催いたしました。

今回も試合終了後、 「海にゴミは行かせない!」をモットーに活動を行いました。

一見綺麗に見える試合終了後のトラスタですが、 活動終了後、空だったゴミ袋の中身はいっぱいになっていました!

活動に参加されたお子様にどんなゴミが多かったか聞いてみると 「お皿と箸が多かった」と教えてくれました。 美味しいグルメを楽しんでいただいた後、 ぽろっと包装やトレイ、箸を落としてしまった方も多いのではないかと思います。

一つ一つのゴミは小さいかもしれませんが、 積み重なると大きな問題につながっていくということを実感致しました。

試合終了後、 ヴィヴィくん像の前でゴミ袋とトングをお渡ししていますので、 まだ活動に参加されたことが無いという方もお気軽にお越しいただきたいです。

海に囲まれ、海の恩恵を受ける長崎から環境について発信しましょう!!!
LTO活動へのご参加、どうぞよろしくお願いいたします。

次回、 第68回 V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」ゴミ拾いは、
10月5日(土) FC町田ゼルビア戦 試合終了後に実施します!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまり周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
現在は、Jリーグ10クラブ+バスケットBリーグ1チーム+プロ野球1球団で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • V・ファーレン長崎
  • 日本財団
  • UMISAKURA

WINTER EVENT 2019のご案内

総合トップに戻る