MENU

活動履歴

第80回ゴミ拾い 2020年12月6日(日)

参加人数
85名
可燃ゴミ
77袋
不燃ゴミ
12袋

12月6日(日) モンテディオ山形戦で、 第80回V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」(LTOゴミ拾い)を開催いたしました。

本日は会場に多くのファン・サポーターの皆さんが詰めかけ、応援していただいたこともあり、試合終了後のゴミ拾いにも多くの方がご参加いただきました。

相変わらずスタジアム周辺にゴミが少なく、子供たちは少ないゴミを取り合うように範囲を広げてゴミ拾いをしてくれていました。

2020シーズンのLTO活動としては12月16日で最後となります。12月20日には今シーズンたくさんの活動にご協力いただいた方々への表彰を行います。

海に囲まれ、海の恩恵を受ける長崎から環境について発信しましょう!!!
LTO活動へのご参加、どうぞよろしくお願いいたします。

次回の活動はスケジュールページよりご確認ください

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • V・ファーレン長崎
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る