MENU

活動概要・ご挨拶

LEADS TO THE OCEANとは

スポーツと清掃活動を軸に、海・自然環境への意識を高め、
次世代に美しい自然を残すためのプロジェクト

海ゴミは、街からもやってきます。
つまりスタジアム周りがキレイになれば、
海のゴミを減らすことができます。
その活動の中で、海へ関心が高まり、
同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が
広がることを願います。

LEADS TO THE OCEAN プロジェクトとは、日本語で「海につづく」という意味です。
海の状況は、ここ数年のエコブームなどがありながらも、海岸に流れ着くゴミの量は減少しておらず、継続して環境が悪化しており、太平洋ベルトと呼ばれるエリアでは、浮遊したプラスチックなどの破片が大量に漂っています。海ゴミは、人間の生活から出たゴミでいっぱいで増え続けています。「人間の生活」と「自然」の繋がりは、どんどん離れていく現代で、どのように「海に流れるゴミを減らし」「生活と海、自然との距離を縮められるか!?」を考えていました。
そこで、本来の美しい海・環境を次世代に、より良い形で引き継いでいけるよう、日本最大の民間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる『日本財団』と、湘南・江の島にて13年間ビーチクリーンを行い清掃活動へのイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『NPO法人 海さくら』がタッグを組み、「海と日本プロジェクト」の一環として、LEADS TO THE OCEANプロジェクト(通称LTO)を実施することになりました。

2015年7月、Jリーグプロサッカークラブの「湘南ベルマーレ」から始まり、 2016年7月から「セレッソ大阪」「V・ファーレン長崎」「福島ユナイテッドFC」が加わり、 2017年7月から「川崎フロンターレ」「横浜F・マリノス」「横浜FC」も加わりました。 2017年9月からバスケットボールチーム「東京エクセレンス」が、 2018年5月から日本プロ野球球団「千葉ロッテマリーンズ」が加わりました。 そして、2018年7月から「ヴァンフォーレ甲府」「ジェフユナイテッド市原・千葉」が加わり、 競技・チームの垣根を越えて、全11チームでこのプロジェクトを実施することになりました。
皆様がこのプロジェクトを通じて、海・自然について何か考えるキッカケとなり、より良い形で海を引き継いでいければと願います。どうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶

alt="ヴァンフォーレ甲府">

(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ 代表取締役社長 藤原弘

(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ
代表取締役社長 藤原弘

ヴァンフォーレ甲府はエコパートナー、エコサポーターといった支援企業の協力を得て、ホームゲームを開催している「山梨中銀スタジアム」で「小瀬エコスタジアムプロジェクト」に2004シーズンから取り組んでいます。
スタジアムでは紙コップを廃止し、一部リユース食器も導入しました。飲食購入時に100円を上乗せして支払っていただき、返却時には100円が返金される「デポジット方式」を取り入れることで、リユース促進によるCo2削減に努めています。
このほかにもエコマッチの開催、古新聞・古雑誌の回収なども行い、地球温暖化やエネルギー問題といったグローバルな環境問題から身近なリサイクル運動まで、スタジアムを拠点とした環境問題の啓発、実施活動を通じて「日本一のエコスタジアム」を目指しています。
この度、LEADS TO THE OCEANプロジェクトに海の無い県では初めて参加をさせていただくことになりました。このようなご縁をいただいたことで、海が汚れていく第一歩となっているのは、森や山が汚れているからであり、海のない山梨県でも海の汚染に関係性があることをあらためて認識しました。ヴァンフォーレ甲府のサポーターからこの活動が広がり、山梨県内でもこのような活動が周知されるように取り組んでまいります。よろしくお願いいたします。

UMISAKURA

NPO法人 海さくら代表 古澤純一郎

NPO法人 海さくら
代表 古澤純一郎

我々NPO法人海さくらの活動拠点は、神奈川県の江の島です。そのゴミの約7割が川からやってきており、川のゴミは街からやってきて、街のゴミは人間の心が出しています。
相模湾に流れ込む川の源流は山梨県からもきており、その山梨県にある唯一のJリーグチーム「ヴァンフォーレ甲府」さんと一緒に海の環境をよりよくする活動ができることを心より感謝申し上げます。山・街・海は、繋がっており、これから「ヴァンフォーレ甲府」の皆様と、その繋がりを少しでも感じていただけるように努力し、次世代の子供達にいい形で海を自然を引き継いでいけるように頑張っていきたいと思います。LEADS TO THE OCEAN とは、海につづくという意味です。未来に続く海を再度、共に考えていければと思います。
「海にゴミは行かせない!」

日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日本財団 常務理事 海野光行

日本財団
常務理事 海野光行

私たちが住む街は、川を通じて森や里、そして海へとつながっています。しかしながらその周辺環境は今、人間活動による課題が山積しています。これまで世代から世代へと受け継がれてきた海や森といった自然、それをとりまく文化が壊されつつあります。
私たちの日常が生み出している「海ゴミ」の問題もそのひとつです。豊かな海を次世代に引き継ぐために、半世紀にわたり海の問題解決に取り組んできた日本財団は、子ども達に様々な形で海に接する機会することで海への興味を喚起し、行動を起こすためのオールジャパンで推進するプロジェクト「海と日本PROJECT」を行なっています。
この「LEADS TO THE OCEANも、「海と日本PROJECT」の一環として、それぞれ特徴を持つ仲間達と共に、身近な「ゴミ拾い」をとおして、海の国である日本において、そのつながりの大切さを認識してもらいながら、海の環境問題に取り組む一歩を踏み出してもらおうとするものです。
この活動が、受け継がれてきた環境を再生する一助となり、次世代へ引き継ぐ、その実践のための一歩になればと思っております。先のワールドカップで賞賛されたサポーターの皆さんの清々しいマインドを是非このプロジェクトでも活かしていただき、大きなムーブメントになることを期待しています。

↑ BACK TO TOP

海と日本 PROJECT

〈共催〉

  • ヴァンフォーレ甲府
  • 日本財団
  • UMISAKURA

LTO WINTER EVENT 2018

総合トップに戻る