MENU

活動履歴

第29回ゴミ拾い 2019年10月13日(日)

参加人数
53名
可燃ゴミ
30袋
不燃ゴミ
37袋
ペットボトル
3袋

第29回目のLTOのゴミ拾い活動を実施しました!

海にゴミは行かせない!!

本日は栃木SCさんとの試合。前半戦はアウェイで負けているだけに勝ちが絶対の試合となりました。

序盤からシンプルに前へボールを運んでくる栃木SCさんにチーム全員が同じ意志の下でプレーする強さをみせられ、前半8分という早い時間帯に失点をしてしまう。
失点した時間ははやく、まだまだ十分な時間は残されているので反撃にでていく。前半の残り時間の多くでボールを保持し、アクセルを踏んで攻め込むが、栃木SCさんの堅い守備の前にシュートにつながるもう1本をつなげない。42分にはリーグ戦初先発の宮崎 純真が決定機を迎えたが、決めきれず、前半は栃木がリードを保ったまま折り返した。
後半、56分に金園 英学を投入して前線にターゲットを1枚増やし、フォーメンションも変更し、勝負に出る。しかし、金園を生かし切るクロスの数は少なく、少なくなる時間が甲府の焦りに繋がり、チャンスをつくれない。
ここで伊藤監督はアラーノ、森 晃太と前線の選手を投入してこじ開けにかかる。88分に小出 悠太が入れたクロスがアラーノに合い、ヘディングシュートが決まり1-1。
ようやく追いつく事に成功したが、4分間のアディショナルタイムでゴールを奪えずに1-1でタイムアップ。痛恨のドロー決着となってしました。

本日の試合は昨日の台風被害が残る中での試合となりました。 中銀スタジアム、小瀬スポーツ公園内は幸いなことに大きな被害はありませんでしたが、枯れ葉や枝も多く非常に多く、ゴミ拾いはし辛い状況ではありましたが、53名もの方に参加をして頂きました。
本日配布したカードはヴァンフォーレ甲府の守護神でもあり、この日誕生日を迎えた河田選手。参加した皆さんからの人気が高く、「次は河田選手が0に抑えて勝つ!」「今日もファインセーブありがとう!」など非常にポジティブなお言葉を頂く事が出来ました。 悔しさが残る中でのLTOとなりましたが、ご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

本日お問い合わせがありましたが、ポイントは1人1ポイントになります。(LTOダービーの時は2ポイントになります) 複数人でご参加頂き、1つのポイントカードにまとめて貯める事はできませんのでご理解ください。

次回の活動は、10月27日(日)鹿児島ユナイテッドFC戦 試合終了後に実施します。

引き続き山梨から海をきれいにしていきましょう! 『海にゴミはいかせない!』

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
現在は、Jリーグ10クラブ+バスケットBリーグ1チーム+プロ野球1球団で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • ヴァンフォーレ甲府
  • 日本財団
  • UMISAKURA

WINTER EVENT 2019のご案内

総合トップに戻る