MENU

活動履歴

第65回ゴミ拾い 2022年4月23日(土)

参加人数
56名
可燃ゴミ
7袋
不燃ゴミ
2袋
ペットボトル
4袋
ビン・缶
1袋

2022年4月23日(土)に行われました2022明治安田生命J2リーグ第11節対FC町田ゼルビアにてLTOを開催しました!!

海にゴミは行かせない

2022明治安田生命J2リーグ第11節 
ヴァンフォーレ甲府 1 (0-0、1-0)0 FC町田ゼルビア
『念願のホーム初勝利!3連勝!』


現在15位と思ったような結果は得られていないもののアウェイでの大宮戦、金沢戦に勝利し、2連勝でホームに戻って来ることができました。

2位と上位をキープしている町田さんから勝利を奪って更に勢いに乗っていきたい試合。

試合は立ち上がりから両チームがアグレッシブなプレーを見せる中、前線からのプレスがうまくはまり、試合のペースを握ることのできたと思いますが、クロスバーにも嫌われ0-0で前半終了。


後半に入ると町田さんにボールを保持される展開となりました。そんな中、選手交代で流れが変わり始めたところで、山梨県中央市出身の須貝選手の2試合連続ゴールが決まり先制。終盤は相手の怒涛の攻撃を受けましたが、河田選手を中心に守り切りそのまま試合終了。ホーム初勝利。そして今季初のクリーンシートでの勝利で3連勝を達成!

今節のLTOは
『フロントに新加入!町田市出身大場くんにインタビューしてみた』
前節仙台戦が雨天で中止となったため、約1か月振りのLTO開催でした!
いつも参加をしている方、荒木選手・北谷選手ファンの方(北谷選手ファンの皆さん、プレゼントが先延ばしとなり申し訳ございませんでした、、、)、そして新規参加の皆さん、たくさんの方に参加をしていただき山梨から海を守っていきました!

そして、4月からヴァンフォーレ甲府のフロントスタッフに新しい仲間が加わりました!
町田市出身の大場くんです!ちょうど町田さんとの試合だったので、大場くんにインタビューをしてみました!

ー 海なし県山梨にようこそ!
いきなりだけど、海なし山梨ヴァンフォーレ甲府がLTOに参加をしているのですが、山梨と海のイメージをどうぞ!
大場くん「ざっくりですね(笑)海を守ろう!と発信していくのであれば、海のある県が参加をすることで海の現状を発信していくものだと思いましたが、海をきれいにしていくためには、海なし県も大いに関係していることを僕もここに来て初めて知ることができましたし、ヴァンフォーレ甲府が海なし県の模範になり、発信することで注目されると思います!」

ー ジャパンサッカーカレッジ出身の大場君はアルビレックス新潟さんとの関わりも強かったと思いますが、ヴァンフォーレの環境活動をどのように感じていましたか? 大場くん「アルビレックス新潟もスマイルエコ活動というものがあり、ホームゲームではヴァンフォーレ甲府と同様にリユースカップを取り入れていました。新潟の頃から感じていましたが、Jリーグ開催後のゴミの量ってすごいじゃないですか?(※1)リユースカップを使うことでゴミを減らせていけるのですごく大切なことだと思いますし、僕も新潟でのホームゲーム終了後にリユースカップの使用数を数えておりましたが、カップ数が多く、数えるのは大変でした(笑) が、その分、環境を守れていると感じることができましたね。
リユースカップを取り入れ始めたのは甲府がJリーグの中では初と聞いています。(※2)このクラブに来てまだ間もないのですが、サポーターさんと一緒に環境問題に取り組んでいることを強く感じました。」
(※1)リユース食器を使用していない時の試合で集計した際には、ゴミ使い捨て容器が88%でした。 ヴァンフォーレ調べです。
(※2)2004年から開始

ー 例えばどんなことを強く感じた? 「今シーズンからデポジット方式が廃止されましたよね?デポジット方式が無くなることで、リユースカップが返却されずに、捨てられたり、持ち帰られたりするのではないかと感じておりましたが、甲府サポーターさんはしっかりとエコステーションに返却をされていましたし、クラブだけでなく、サポーターの皆さんも自分事のように環境問題に対して考えてくれていることを感じました。
こちらもJリーグでは初の試みだと思いますが、スタジアムサービスの一環で行っていた移し替え用カップのサービスが終了しても、各自マイカップやボトルを持ってきて協力をしてくれるところですね。
ヴァンクラブブースにもいても(大場くんはヴァンクラブ担当をしております!)、トングとゴミ袋を持ってゴミ拾いをしている方を多くみますし、子どもたちが拾ってきたゴミをしっかり分別しているところをみて驚きました!」

ー 今後海を守るために大場くんはどのようなことを意識したいですか? 「今もそうですが、日常からゴミを出さないようには意識してます。マイボトルは常に持っていますし、当たり前のことを引き続きやっていきたいです。僕はヴァンクラブの担当をしておりますので、今後はヴァンクラブ特典もマイボトルやマイバッグにしていくことも検討していこうかと思います!」

以上!
新加入大場くんのインタビューでした!
大場くんありがとうございました!

引き続き山梨から海を守っていきましょう!「海にゴミはいかせない!」

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計20チーム(LTO 2021-22 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • ヴァンフォーレ甲府
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る