MENU

活動履歴

第106回ゴミ拾い 2022年3月12日(土)

参加人数
84名

3月12日(土) 大分トリニータ戦で、 第106回V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」(LTOゴミ拾い)を開催いたしました。

海にゴミは行かせない

V・ファーレン長崎のLTO活動は、2022シーズンよりスタジアム全体の清掃に取り組むため、トング回収場所を3か所設け、取り組みを開始しております。
今季から新しくクラブとして取り組んでいるエコステーション横で実施しております。

本日の試合は今シーズン初の勝利という事もあり、皆さんもキラキラした顔でゴミ拾いに参加してくださいました。

ファン・サポーターの皆さんが日頃より意識してごみはゴミ箱に捨ててくれているので綺麗なスタジアムですが、参加の皆さんが隅々までゴミを捜索してくれて、毎回スタジアム周りがよりきれいになっていることを実感しています。

海に囲まれ、海の恩恵を受ける長崎から環境について発信しましょう!!!
LTO活動の参加有難うございました。また、次節もご参加よろしくお願いいたします。

次回の活動はスケジュールページよりご確認ください

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計20チーム(LTO 2021-22 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • V・ファーレン長崎
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る