MENU

活動履歴

第102回ゴミ拾い 2022年8月27日(土)

参加人数
53名

第102回目のLEADS TO THE OCEAN を、8月27日(土)サンフレッチェ広島戦にて実施しました。

海にゴミは行かせない

好調のサンフレッチェ広島をホームに迎えた明治安田生命J1リーグ第27節。ルヴァンカップ準々決勝以来久しぶりの公式戦となったセレッソは、ベンチに清武弘嗣選手とブルーノメンデス選手が復帰しました。立ち上がりから2トップを中心にプレスの意識を強め敵陣に進入し、攻め立てた序盤でしたが、飲水タイム明け、広島に許した最初のシュートで失点を喫してしまいます。ただし、セレッソも気落ちすることなく反撃。内容的には押し気味に試合を進めたセレッソでしたが、広島の守備を崩し切ることができず前半は1点ビハインドで折り返しました。後半は一転広島に試合をコントロールされる苦しい展開となり、小菊昭雄監督は攻撃的な選手を3枚同時投入し前傾姿勢を強めますが、それでもなかなか内容は好転せず、81分に追加点を許すと、試合終了直前に3失点目。公式戦としては12試合ぶりの敗戦となってしまいました。悔しい結果にも小菊監督は「チームとして良かった点も多く、(内容は)ポジティブに捉えています。課題はしっかり修正して、全員の共有をもう一度図りながら、次の天皇杯で必ず勝利できるようにやっていきたい」と話し、復帰戦となった清武選手も「やっていることを信じてやり続けることが一番。ブレずにやり続けることが大事だと思います」と前を向きました。

試合後のLTO活動にも普段と変わらず皆様にご参加頂き、多くの方が常にチームを支えて下さっているという事を改めて実感致しました。2022シーズンも佳境を迎える中、引き続きのご支援宜しくお願い致します。

スタンプを集めてプレゼントをゲット!
https://www.uminitsuzuku.com/cerezo/present/
海にゴミは行かせない!
皆様の参加をお待ちしております!

次回の活動はスケジュールページよりご確認ください

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計20チーム(LTO 2021-22 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • セレッソ大阪
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る