MENU

活動履歴

第26回ゴミ拾い 2018年5月3日(木・祝)

参加人数
40名
可燃ゴミ
4袋
不燃ゴミ
1袋

福島にとってJ3で初めての中3日でのホーム戦の憲法記念日の今日は開門までは小雨も降っていましたが合わせるように雨は上がり心配されたピッチの状況も問題なく強豪カターレ富山を迎えることができました。

今日はハーフタイムに福島県在住のサッカー日本代表帯同シェフ西芳照さんの壮行会があり、フードパークではその西さんが相馬産のあさりを使った激うまスパゲッティが販売されていて開門前から両チームのサポーターさんの長い列ができていました。
そして今回は「福島商工会議所スペシャルマッチ」で日頃福島ユナイテッドFCがお世話になっている福島経済界の方々もたくさんいらっしゃいます。
連勝していいところ見せないとですね。

試合はというと順位こそ調子の良くない富山ですが、個々の能力ははっきり言って福島より上です。
しかもホームでも一度も勝ったことはない相手です。
一つのミスが失点に繋がりかねない緊張した空気が流れます。そしてチャンスはやはり富山に多くやってきます。
しかし大卒2年目で開幕から全ての試合でゴールマウスを守るGK堀田選手を中心に得点を許しませんでした。
このまま膠着した状況でスコアレスドローの空気さえ流れ始めた試合終了直前、高卒ルーキーの池田選手のドリブルで切り込みPA前で相手からファウルを受けてFKのチャンスがやってきました。ボールの前には橋本選手と樋口選手。
直接蹴るのかサインプレーをするのか、これがラストチャンスになる可能性が高いです。
蹴ったのは橋本選手、ボールは福島の選手が作った壁の隙間を通り相手GKの逆を突いてゴールネットを揺らします!
会場は大盛り上がり、追加タイムは3分もしっかり守りきり、試合終了。
GWホーム2連勝!最高です!毎試合ヒーローが変わるいい流れができてきました。いや〜嬉しいですね!


ということでそのままのいい流れで「海にゴミは行かせない」LTO、ゴミ拾い活動に行きましょう!
今回もたくさんの親子連れ、そして福島U13のメンバーも参加して、TOPの寺前選手、橋本選手と一緒にゴミ拾いがスタート。
選手と一緒に歩きながら、ゴミ拾いをする参加者や、友人と自分たちのペースで楽しむ方、お酒飲んで気持ちよくゴミ拾いをしてくれる常連さん、2年目でたくさんの方々にLTOを楽しんでもらえているのかなと思いました。
最後は参加者全員で記念撮影、実は全員ではなく、カメラの裏にはたくさんのお母さんも。
写真は恥ずかしいんですって。笑。
今回もみんなでワイワイしながら楽しくゴミ拾いをすることができました。
皆さん、ありがとうございました。

スタジアムDJ 藤原カズヒロ

次回 第27回 LEADS TO THE OCEAN ゴミ拾いは、
2018年6月3日(日) 対 グルージャ盛岡戦 終了後の15:00〜15:30(キックオフ13:00)です。
是非一緒にゴミ拾いをやりましょう!みなさんお待ちしています!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • 福島ユナイテッド
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る