MENU

活動履歴

第35回ゴミ拾い 2018年11月18日(日)

参加人数
45名
可燃ゴミ
19袋
不燃ゴミ
1袋

紅葉も一段落した福島市、風が冷たいけど快晴でした。先週の福島は試合がお休みでしたので久しぶりの試合&ホームゲーム。今日の試合前の場外ステージは今シーズン初の竹鼻GMによる「サッカーのミカタ講座」でした。戦術云々より選手の移籍に関する話、お金の話で盛り上がりました。来シーズンもこの企画は続くのでしょうか?サポーターの皆さんにはウケたのかわかりませんが、竹鼻GMありがとうございました。

さて試合はガンバ大阪U23を迎え撃ちます。前回のアウェイでの対戦はドローでした。ホームゲームも残り2試合です。順位を1つでも上げるために絶対に負けられません。スターティングメンバーには引退を発表した石堂選手、ベンチにも同じく引退する鴨志田選手と平選手がいます。彼らと一緒に戦えるのも残り少ないのかと思うと寂しい気持ちになりますが、勝って気持ちよく終えたいと思います。試合は福島ペースで始まります。池田選手の3試合連続ゴールから樋口選手の2得点で3-0にて前半を終えました。これは、今日は勝利が見えたかなと思いましたが、サッカーはそんなに甘くはないですね。1点を返されすぐに福島も橋本選手のゴールで突き放しますが、そこからはガンバの猛攻を全員で守る形になってしまいました。アディショナルタイムまでガンバの猛攻は続き、1点差まで追いつかれますがそこでホイッスル、なんとか勝利を手に入れることができました。スコアは4-3。7点も入った試合でサッカー好きにはたまらない試合だったのかな。サポーターさんにしてみたらハラハラドキドキの試合展開だったでしょう。何はともあれ引退する選手も出場できたし、石堂から鴨志田の交代は涙腺が緩む瞬間でしたね。そして、勝利できたしとても良かったと思いました。

さ、試合終了後はLTO活動、ゴミ拾いです。今回参加してくれた選手は堀田選手と和田選手。みんなと一緒にゴミ拾いをしてくれました。落ち葉の季節の福島で子供達は袋いっぱいの落ち葉を拾ってくれて、袋のおかわりまでしてたくさん集めてくれました。これが一昔前ならサツマイモを持ってきて焼いてみんなで食べたいところですがスタジアムでは絶対に無理ですね。綺麗とは言ってもまだまだゴミは落ちている「とうスタ」です。海を綺麗にする活動はまだまだ続きます。今シーズンのLTOも残すところ1回になりました。次回も引き続き参加いただけるようによろしくお願いします。皆さんお疲れ様でした。

スタジアムDJ 藤原カズヒロ

次回 第35回 LEADS TO THE OCEAN ゴミ拾いは、
2018年11月25日(日) 対 ブラウブリッツ秋田戦 終了後(15:00〜15:30)です。
是非一緒にゴミ拾いをやりましょう!みなさんお待ちしています!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • 福島ユナイテッド
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る