MENU

活動履歴

第31回ゴミ拾い 2018年9月16日(日)

参加人数
35名
可燃ゴミ
6袋
不燃ゴミ
2袋

今日は「Prospect 福島民報」スペシャルマッチでGAKU-MCさん率いるMIFA FCとJレジェンドのチームと福島県高校選抜チームとのエキシビジョンマッチが開催されるので普段サッカーに興味がなかった方も多く会場に駆けつけてくれました。震災復興のために今年で4回目の開催となります。お忙しいところお越し頂いたアーティストのみなさん、Jレジェンドのみなさん、本当にありがとうございました。開門前の「Prospect 福島民報」サッカー教室では子供達が本当に嬉しそうにしていてこちらも幸せな気持ちになりました。


試合は強豪AC長野パルセイロです。今まで楽に勝利したことはありませんし、長野は前節勝利し、絶対に連勝して波に乗りたいはずです。こちらも連敗はできません。こちらは攻守の要の橋本選手が累積警告のために今節は出場停止でそこをどう埋めるのか楽しみでしたが、チーム全体がいつものように走りまくりしっかりと穴を埋めていました。両チームチャンスを作り、先制したのは長野でした。前半は長野ペースで終了。後半早々福島は樋口選手が決めて同点、そのままペースも握りチャンスはやってきましたが決めきれずに試合終了。引き分けで終了しました。次節は平塚「Shonan BMWスタジアム 平塚」でのホームゲームなのでここでしっかり勝ちたいですね!


試合終了後はゴミ拾い、LTO活動です。今回は橋本選手と三橋選手がお手伝いできてくれました。今日もたくさんの親子連れ、そして長野のサポーターさんも参加してくれました。初めての方には「全然ゴミないよ〜笑」と言われましたがそこも福島名物かもしれませんね。活動後にはあらためてLTOの活動の趣旨を説明させていただきました。「海を綺麗にするのになぜ福島で?」という方も多かったのですが、みなさんに理解してもらえたら嬉しいです。新しいポイントカードを手にしてもらえた方も多かったので「ゴミ拾いマスター」目指して頑張ってください!!!参加いただいたみなさんありがとうございました。

スタジアムDJ 藤原カズヒロ

次回 第32回 LEADS TO THE OCEAN ゴミ拾いは、
2018年9月23日(日) 対 Y.S.C.C.横浜戦 終了後(16:00〜16:30)です。
是非一緒にゴミ拾いをやりましょう!みなさんお待ちしています!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • 福島ユナイテッド
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る