MENU

活動履歴

第39回ゴミ拾い 2019年4月14日(日)

参加人数
31人
可燃ゴミ
3袋
不燃ゴミ
1袋

今回のホームゲームは地元のケーブルテレビNCVさんのスペシャルマッチでした。そのために家族向けのアトラクションなども場外のイベントブースに多くあり風は冷たかったですが皆さん楽しんでいました。今シーズンから導入したアクションカメラで試合前にサポーターさんからコメントをもらい試合前にビジョンで流しました。喜んでいただけたみたいなので、次回からも積極的に取り入れていこうと思いました。


今日の試合の対戦相手はY.S.C.C.横浜さんでした。結果はご存知の通り0-3で敗北。試合後にサポーターさんから厳しい言葉もありましたが、選手たちももちろん悔しいです。この気持ちを忘れずに次節に向けて頑張ってもらいたいです。


少し沈んだ空気で気温も低くなった試合終了後、今回もたくさんのサポーターさんがゴミ拾いに参加してくれました。本当にありがとうございます。今日はゴミ拾い終了後に話すLTOの活動内容にも多くの時間を使わせてもらいました。皆さん真剣に話を聞いてくれてとても嬉しかったです。引き続きゴミ拾いマスター目指して、海を綺麗にしていきましょう!!

「海にゴミは行かせない!!」
次回も試合終了後にお待ちしております。

スタジアムDJ 藤原カズヒロ

次回 第40回 LEADS TO THE OCEAN ゴミ拾いは、 5月5日(日) ガイナーレ鳥取戦 試合終了後に実施します!
是非一緒にゴミ拾いをやりましょう!みなさんお待ちしています!

LEADS TO THE OCEAN 〜海につづくプロジェクト〜(通称:LTO)とは

LTOはスポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。 海ゴミは、街からもやってきます。つまりスタジアム周りがキレイになれば、海のゴミを減らすことができます。 活動の中で、海へ関心が高まり、同時に海の素晴らしさや恩恵に対する感謝が広がることを願います。
LTO活動は、サッカー・バスケットボール・野球・ラグビー・アイスホッケー 合計17チーム(LTO 2020-21 参加チーム)で日本の海をキレイにしていくため競技・チームの垣根を越えてこのプロジェクトを実施しています。

LEADS TO THE OCEAN 総合トップ ≫

↑ BACK TO TOP

海と日本PROJECTCHANGE FOR THE BLUE

〈共催〉

  • 福島ユナイテッド
  • 日本財団
  • UMISAKURA

総合トップに戻る